車を売る方必見!少しでも高額売却するためのテクニック

車をより高く売るための基礎知識

>

車の売却で嫌な思いをしないためには?

車売却における様々なトラブルに

車の売却に関しては、以下のトラブルがよく例としてあげられます。対処する際、必ず契約書を確認して自分と業者のどちらに非があるかチェックしてください。こちらに非がない時は、車売却消費者相談室(JPUC)や消費者センターに相談しましょう。

○車の引き渡し後に査定額が大きく下がる
→なぜ減額になったのか、きちんと理由を聞きましょう。なお、こちらが告知義務違反に問われないためにも、査定時に事故歴等を正直に申告してください。
○車の引き渡し後に代金が支払われない
→このような事態を避けるため、代金の支払いは車・書類と現金引き替えにしましょう。
○契約後のキャンセル
→「家族の同意を得られていなかった」等の理由で契約後に車を渡せなくなった場合は、車両運送費等の実費や解除料が発生します。
○強引に迫られて拒否できなかった
→優良買い取り業者のみが登録できるJADRI(日本自動車流通研究所)の加盟会社から選べば安心です。

車のインターネット個人売買

インターネットのオークション・フリーマーケットを見てみると、車も多数出品されています。車を売りたい人・買いたい人を結ぶマッチングサイトも少なくありません。マージンを取られないのは魅力ですが、基本的に自己責任なのでトラブルが起こった時は自力で解決しなければなりません。
「買い手が名義変更ををしていなかったので自動車税の通知書が送られてきてしまった」等の信頼関係に関わるものから、しばらく乗った後で修理費を請求されたというもの、盗難車や事故車を買わされてしまったというものまで、様々な事例があります。
売買の際は、必ずお互いが会って車の状態を小さな傷に至るまで確認してください。また、損害賠償や修理に関する規定を明記した契約書を作り、サインをする前に再度間違いないか双方でチェックしましょう。
有料ですが、(財)日本自動車査定協会に依頼して「車両状態確認証明」を発行してもらうのもおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る