車を売る方必見!少しでも高額売却するためのテクニック

車をより高く売るための基礎知識

>

ディーラーに頼んではいけない?

なぜディーラー下取りではいけないのか

「いつもお世話になっているディーラーに下取りを頼めばいいのでは?」と思う人も多いのですが、あなたが新車購入を考えていない場合、中古車のみの引き取りはほぼ断られます。もし新車との買い換えでも、中古車販売で利益を出すため流通ルートを確保している買い取り業者と違い、あまり高値は期待できません。
特に高級外車は「維持費がかかるわりには故障が多い」というイメージがあり、売れ残る危険があるため驚くような安値を提示されたりします。
新車の購入と中古車の下取りをディーラーにまとめれば、窓口は1つなのでたいへん楽ですが、「今の車を少しでも高く売りたい」人にはおすすめしません。必ず下取りなしの新車値引き額と、買い取り業者の査定額も出してもらった上で検討しましょう。
大手自動車メーカーの中には、自社の車に限らず手軽に下取り価格をWEBでシュミレーションしてくれるところもあるので、参考までに見てみるのもおすすめです。

「廃車」と言われてもあきらめない!

車の状態が悪ければ「もう売れないので廃車になります。引き取り費用が○万円かかります」と言われることもあるでしょう。でもその引き取り料を払う前に、廃車業者に問い合わせてください!
例えば海外で活躍している日本製の中古車は非常に多いので、その修理のためリサイクルパーツが輸出されています。どんな状態の車でも、タイヤ・ホイール・バッテリー等パーツの1つ1つは再利用できるので、廃車業者に査定してもらえばある程度の値段にはなります。もし再利用できない部品でも、資源としてリサイクルできるので社会貢献につながります。
廃車の買い取り業者は複数あり、レッカー代・手続き代行の無料サービスをしている会社も多いので検討してみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る